必読!歯科用電子カルテの手引き

HOME » 歯科医院の開業で押さえておきたいこと » 医療設備について

医療設備について

はじめて歯科医院を開業するときに必要不可欠な医療設備について解説しています。

歯科医院を開業するときに必要な医療設備

歯科医院を開業するときに、もっとも必要なものが医療設備です。

ここでは、限られた資金のなかで用意すべき設備について紹介していきましょう。

診療方針にもよりますが、理想の歯科医療を追求するためには、それなりの設備は必要不可欠です。

しかし近年では性能や機能性が高い機器や器具などがたくさん販売されており、金額の上限もその性能とともにどんどん高くなってしまいます。

そこで歯科医院を開業する際に、最低限必要な設備をリストアップしていきましょう。

<主要設備の例>

  • ユニット(診察台)
  • エアーコンプレッサー
  • バキュームシステム
  • 滅菌器
  • レントゲン
  • 光重合器

こちらの6つはほとんどの歯科医院で平均的に設置されている設備で、これだけあれば最低限の医療を実現できます。

これらをそろえると、平均金額はおよそ1,000万円前後。購入するという手もありますが、近年ではこれらの機器をレンタルでそろえている医院も少なくありません。

歯科医院を開業するときには、さまざまな医療メーカーが自身の機器を購入するようにすすめてきます。

ですが、せっかく最新の機器を導入しても患者さんがやってこなければ意味がありません。

医院のなかにはレンタルで開業しながら少しずつ機器を購入していくというやり方をしている医院もあるので、自分なりのムリのない方法で設備を整備していってください。

また、おろそかにしがちですが、歯科助手やスタッフへの医療教育、仕事分担といった部分も重要な部分になってきます。

無駄のない経営を実現するためにも、各スタッフに必要な情報がしっかり行き届いている必要があります。

例えば、患者さんの情報の共有。最近は、電子カルテでスタッフ間の情報共有がしやすくなっています。

こうした情報を活用して、受付時に患者さんにたいする簡単な一言(前回の診療からの経過や、お見舞いの言葉など)を添えてあげれば、クリニックの評判は向上するでしょう。

ほんとうにささやかなことですが、こうしたささやかな努力や気遣いは、患者さんに伝わります。

競争力が高まっている昨今、設備等のハード面だけでなく、それをどう使うか、ソフト面にもしっかり気を配ることが大切です。

 
 
ページの先頭へ ▲