必読!歯科用電子カルテの手引き

HOME » 【歯科医院向け】電子カルテの基本知識 » 電子カルテの種類 » 一体型

一体型

歯科クリニックなどでも使用されているレセコン一体型電子カルテについて、調べたことをまとめています。

内科や歯科医院などで利用されているレセコン一体型の電子カルテ

電子カルテは、患者さんたちの病歴だけでなく、会計などでも重要な役割を果たすもの。

レセコンとの一体型電子カルテであれば、経営にかかわる会計もオーダーと同時に完了することができ、医療事務員まかせから、医師主導の経営を行うことができます。

そんな一体型電子カルテのメリット・デメリットを以下にまとめてみました。

メリット1 入力操作が簡単

従来の電子カルテでは、医療事務と医師とで別々の操作を行い、データベースに情報を入力していました。

しかし一体型電子カルテであれば、どの端末からでもひとつの動作で簡単に操作することが可能で、カルテの入力からレセプトまでをワンストップで完結させることができます。

医療事務や電子カルテをシステムを使って連携させる「連動型」では、それぞれ別々に登録するなどの煩雑な操作が必要になりますが、新薬の登録なども一度の登録で簡単に行うことができます。

さらに、修正作業も一連の操作で行うことができるので、事務にかかる時間を大幅に短縮することができます。

メリット2 医事知識が少なくても操作ができる

医師が患者さんを診断した内容は、その場で自動的に電子カルテに反映されるので、別スタッフが複雑な保険点数の解釈をしながら入力する必要がなくなります。

つまり、最低限度の医事知識でも運営することができるので、人材の確保などもしやすくなるのです。

メリット3 速やかな連携ができる

患者さんが来院すると、医師が診断して、その診断内容にしたがって検査が行われて結果ができます。

その後は会計を含めた詳細な医療情報が入力となりますが、この医師、医療事務を含めた一連の作業のすべてがリアルタイムで共有することができるので、スムーズな業務連携が可能となります。

そうすれば、患者さんを待たせる時間も大幅に短縮することができ、医院運営も速やかに行うことができるようになります。

デメリット

ひとつのデータベースを複数の端末で共有しているので、何らかのシステムダウンなどの障害が発生した場合には、電子カルテと医療事務の情報が同時に停止してしまう可能性があります。

そのときに生じる混乱などに対する対応手段を講じておく必要があるでしょう。

 
 
ページの先頭へ ▲