必読!歯科用電子カルテの手引き

歯科用電子カルテの導入ガイド HOME » 【歯科医院向け】電子カルテの基本知識 » 電子カルテの種類

電子カルテの種類

電子カルテは、レセプトコンピューター(レセコン)との関連により「一体型」「連動型」の2つの種類が存在します。

電子カルテの2つの種類~それぞれのメリット・デメリット~

一般的に電子カルテは、レセコン機能を搭載した「医事一体型電子カルテ」と、電子カルテとレセコンがそれぞれ独立している「医事連動型電子カルテ」の2種類があるといわれています。

医事一体型電子カルテ

レセコンとの連携がデータベース内で完結する一体型では、電子カルテに入力したデータがそのままレセコンに反映されます。

院内で使用する電子カルテのデータベースが共通しているため、診察室で診療点数をリアルタイムで把握することができるというメリットがあります。

そのため、ドクターが主体となって運営を行っている医院で導入されていることが多いといわれており、医療事務員に高度な医療にかんする専門知識を要求する必要がありません。

例えば、受付事務員が急に休んでしまい、医院運営に支障がでるといったこともなく、故障がおきたとしても、どの端末でも同じ業務を行うことができるので、速やかな対応ができます。

しかし、その分ドクターが責任をもってカルテを記載する必要があるので、ドクター自身が医療事務にかんする知識やスキルを身につけておかなければなりません。

また、万が一システムがダウンしてしまった場合には、電子カルテとレセコンが同時に停止してしまうため、混乱が避けられなくなってしまうというデメリットもあります。

一体型電子カルテについてもっと詳しく>>

医事連動型電子カルテ

電子カルテとレセコンがそれぞれに独立しているのが「医事連動型電子カルテ」です。

そのため電子カルテで入力したデータは、その都度レセコンに送信されて保存されます。

すでに別の電子カルテを導入していると、一体型ではそのシステム変更にある程度の手間が生じてしまいますが、連動型の場合には日常業務を行いながら、段階的に導入することができるので、スムーズにシステム移行を行うことができます。

また、電子カルテやレセコンを状況に応じて、別々にバージョンアップすることができるので、医院に合ったシステムを組み合わせて使うことができるのも大きなメリットといえるでしょう。

電子カルテとレセコンが独立しており、さらに別のシステムを使って連携させているため、同時にシステムダウンするといった心配を回避することができます。

しかしその分、電子カルテとレセコンの2系統の費用が必要になるといったデメリットも発生します。

連動型電子カルテについてもっと詳しく>>

番外・クラウド型電子カルテ

近年、特定の端末に依存しない、クラウド型の電子カルテというのも登場してきています。

セキュリティ面でまだ不安が残る新しい技術ですが、場所を選ばずにカルテを閲覧できるなど、従来にないメリットのあるものです。

電子カルテの選択肢は多岐にわたりますが、さまざまな情報をしっかり踏まえた上で、自身のケースに落とし込んで製品選びをしてみてください。

クラウド型電子カルテについてもっと詳しく>>

 
 
ページの先頭へ ▲