必読!歯科用電子カルテの手引き

HOME » 【歯科医院向け】電子カルテの基本知識 » 知っておきたい問題点

知っておきたい問題点

利便性が高いといわれている電子カルテには、どのような問題点があるのでしょうか?

電子カルテを導入するにあたって考えられる問題点

近年、電子カルテを導入している医師からは、以下のような問題点が指摘されています。

実用性にかんする医師の意見

  • 「カルテに、患者の治療にかんする画像や動画データを入れて管理したいが、データが大きくなればなるほどシステムが遅くなってしまい、なかなか管理がままならない」
  • 「実用性がないボタンが多くて、使いづらい」
  • 「ある薬剤を処方している患者さんが何人いるか、またそれらの患者さんの平均年齢を知りたいのに、データを取り出しづらい」
  • 「カルテのデータを一画面に表示したいのに出せない」
  • 「薬剤処方時に、薬や用量・用法などの選択をその都度クリックしなければならない」
  • 「検査を事前に知らせてくれるアラーム機能をつけてほしい」
  • 「併用をすると危険な薬剤を誤って処方すると、注意喚起が出るようにしてほしい」
  • 「体重などに合わせて、最適な薬剤の用量を計算してくれる機能がほしい」

これらは、実際に電子カルテを使用したなかで発生した、医師側からの不満や問題点の一例です。

導入後に使い勝手の悪さに悩まないよう、製品を選ぶ段階でじっくりと機能を精査していても、実際に使ってみると気付かなかった使いづらさを発見するのは自然なことと言えます。

電子カルテを導入するにあたっての問題点は、導入前の期待と、導入後の実際の使い勝手とのズレと解釈することもできるでしょう。

こういった不満は、操作に習熟することで解消できるかもしれませんが、一番の解決策は、メーカーに相談してみることです。

紙カルテでは実現できない便利な機能を、柔軟に実現できるのが電子カルテの強み。

購入した製品の問題点は、メーカーに積極的に提案して、適宜機能の拡張を行ってもらうとよいでしょう。

メーカー側も、機能面や操作性を常にアップデートしてしのぎを削っています。信頼できるメーカーなら、使い手の要望には柔軟に応えてくれるはずです。

 
 
ページの先頭へ ▲