必読!歯科用電子カルテの手引き

HOME » 【歯科医院向け】電子カルテの基本知識 » おおまかな価格目安

おおまかな価格目安

電子カルテを導入する際の価格にかんする情報を掲載しています。

電子カルテの導入価格は?

とても利便性が高く、多くのメリットがある電子カルテですが、それでは導入をするのにはどれくらいの価格が必要なのでしょうか? 

クリニックの規模やレセプトコンピューター、サーバーの構成など、医院によってちがいがありますが、ある期間が570人ほどの開業医にアンケートを取ったところ、その平均購入価格は440万円ほどだったということです。

そのなかでも、いちからの開業を考える医師は、診療に必要な医療機器などを含めた運用サポートにかかわる金額も含めて、平均500万円ほどの予算を見越していたようです。

電子カルテは、購入すれば即使える、という性質のものではありません。初期段階だけでも、ソフトウェアの購入費用以外に、設定費用や講習料など諸々のサービスを利用する必要があります。

そのほかにも必要な予算

電子カルテは、無事に稼働してもサポートにかかる費用が必要になります。具体的な内訳としては、

  • 診療報酬の改定にかかわるシステムの変更やアップデート作業
  • バックアップでエラーが生じた際の復旧にかかる作業
  • 保守やメンテナンスにかかる作業

などです。

これらの作業にかかるサポート費用の平均は、月額およそ4.9万円ほどとされています。

年間で継続して使用すると、導入費用の10%前後のメンテナンス費用が必要となります。この価格は製品のちがいにかんする変動がなく、一般的な費用だということです。

近年では、製品のサポート要員が遠隔地にいながらシステムの復旧を行う、リモートアクセスサポートも行われており、さらに利便性がアップしています。

コストを気にするあまり、初期導入の時点でメンテナンスにかかわる内容を曖昧にしてしまうと後々、病院の運営自体に支障がでてくると同時に、保守作業におけるコストも大幅に増加する恐れがあります。

きちんとメーカー側と話し合い、トラブル回避のために最善の費用を支払うようにしましょう。

 
 
ページの先頭へ ▲