必読!歯科用電子カルテの手引き

HOME » 【歯科医院向け】電子カルテの基本知識 » 導入するメリット

導入するメリット

病院やクリニックが、「電子カルテ」の導入で得られる3つのメリット

近年、病院やクリニックなどの医療現場では、電子カルテの使用が一般的になってきました。電子カルテの仕組みを現場に取り入れることは、医療サービスそのものの向上だけでなく、それを提供するドクターやスタッフにもさまざまなメリットをもたらします。では、電子カルテを用いることで現場にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

電子カルテ導入の3つのメリット

メリット1 現場スタッフの負担が減る

診療報酬改定は2年ごと(偶数年)に行われることになっており、病院やクリニックによってはこのタイミングで初診料や再診料が大幅に変更されることもあります。利用者(患者)や医療従事者(医師など)は、当然その改定に従って医療サービスを受けたり提供したりすることになります。

薬に関する算定要件や算定方法の変更に応じてこれまではある程度人力でカバーしていましたが、やはり大きな負担となっていました。電子カルテを導入すれば、人の力に変わって電子カルテ運営会社のDB(データベース)が診療報酬改定に従って正しく対応してくれます。結果、今まで対応していたスタッフの負担が大幅に減ることになります。

メリット2 患者データが一瞬で閲覧できる

カルテの主な役割は、患者の検査内容や治療状況などの情報を管理できること。電子カルテではそれらの情報がまとめてDBに保管されているので、欲しい情報を一瞬で引き出し、見ることができます。閲覧できるデータは診療科目だけでなく、薬の処方、支払い状況などさまざま。それらのデータが、ソフトウェアなどと連動する形で取りまとめられています。

診療室ではドクターが患者の必要な情報を手早く参照し、薬局においては医師が出した処方データ(DB上で連携)を元に処方する薬を手渡します。電子カルテの導入によって担当者の連携ミスも減り、患者一人ひとりによりきめ細かい医療サービスを届けることが可能になりました。

メリット3 コスト削減と作業効率アップを実現できる

紙カルテだと患者数が増えるにともなってカルテ数も増え、それを管理する保管庫も膨大なスペースが必要になっていきます。医師法では5年の保存義務が定められていますが、大病院であればあるほどその保管は頭痛の種でした。

しかし、電子カルテであればDB上のデータを更新するだけなので、保管コストを大幅に削減することが可能です。何よりも大切な個人情報を盗用されることなく保存・管理することができ、同時に必要情報がいつでも検索できるという点で作業効率もアップします。

電子カルテの導入で、実際には何が変わるのか

「正確で素早いレセプト及びカルテ作り」を実現すること――これが、電子カルテを活用する最大のメリットであり目的です。では医療現場において、実際に電子カルテを導入すると何がどのように変わるのでしょうか。

受付や会計のスピードが違う!患者満足度も上がる!

電子カルテなら一瞬で患者の情報を検索できるので、紙カルテに比べて手間や時間といった負担が減ります。電子カルテに予約受付システムが付帯しているなら患者の診療までの待ち時間は短縮化され、それにともなって待合室・駐車場などにおける混雑を緩和させることも可能です。病院で発生する可能性がある院内感染の予防にもつながり、医院やクリニックの信頼性向上にも貢献してくれます。

医療事務作業や看護師・検査技師の業務能率が上がる!

最近の電子カルテには、さまざまな用途で使える文書テンプレートが標準搭載されています。例えば、紹介状や診断書といった従来手書きで行うことが当たり前だった作業は、このような文書テンプレートを使うと短時間で作成できるようになります。また検査技師や看護師に対して院内だけで使う指示箋も、フォーマット化すれば「投薬が必要」「検査指示が出ている」などの内容をシンプルにミスなく通達することが可能です。

情報を一元管理し、検査センターと連携できる!

狭い医院やクリニックでは、ペーパーレス化によってカルテ収納棚が削減できます。そしてPACS(Picture Archiving and Communication System:医療用画像管理システム)や検査センターの各種検査システムと連携することで、電子カルテを中心とした患者データの一元的管理を実現できるようになるのです。

 
 
ページの先頭へ ▲