必読!歯科用電子カルテの手引き

歯科用電子カルテの導入ガイド HOME » 【歯科医院向け】電子カルテの基本知識 » 導入型電子カルテとクラウド型電子カルテ

導入型電子カルテとクラウド型電子カルテ

電子カルテには、導入型電子カルテ(院内サーバー型電子カルテ)とクラウド型電子カルテの2つがあります。従来使用されていたのが導入型電子カルテ、近年になって普及が進んだのがクラウド型電子カルテです。ここでは、この2つの電子カルテの違いを比較しながらご紹介します。

導入型電子カルテ、クラウド型電子カルテとは?

導入型電子カルテは、院内に設置したサーバーにカルテデータを蓄積していくタイプの電子カルテです。病院の中など閉じたネットワーク内のみで使用され、大病院は導入型電子カルテを採用している場合が多いようです。それに対して、クラウド型電子カルテではインターネット回線を通してデータにアクセスします。カルテデータなどは、データセンターに保存されています。こちらはどちらかというと小さな診療所などで多く使用されているようです。

導入型電子カルテとクラウド型電子カルテの違い

① 料金

導入型電子カルテとクラウド型電子カルテを比べると、クラウド型電子カルテのほうが圧倒的にコストパフォーマンスが良いといえます。どちらを選んだとしても、機器購入費やシステム初期設定のための費用、サポート料、運用料などはかかります。しかしクラウド型電子カルテであればサーバーを購入する必要がなく、さらに基本的な条件さえ満たしていればもともと保有していたパソコンやプリンターを使えます。

また導入型電子カルテは5年リースであることがほとんどのため、リースが切れるときにはまた同じだけのコストがかかってしまいます。クラウド型電子カルテはリースではなくそのまま使い続けることができるので、長期的にみるとかなりの差額になるといえるでしょう。

② 場所

導入型電子カルテは、サーバーがある病院内でしかデータにアクセスすることができません。しかしクラウド型電子カルテであれば専用のサーバーが存在しないため、インターネットに接続できる環境さえあればいつでもどこでも使用することができます。電子カルテというとパソコンのイメージがありますが、スマートフォンやタブレットなどの機器でも問題はありません。

この特徴が生かされるのは、主に在宅医療を行っている場合です。患者の自宅に赴いた場合でも、その場で電子カルテを開くことができます。導入型電子カルテの場合は紙のカルテを持っていかなければいけず、また病院に戻った後は紙に記入したことをもう一度電子カルテに記入し直すことになります。

③ バックアップ

導入型電子カルテのバックアックは、毎日のタスクとして行われます。一日の診療が終わった後に10分程度のバックアップ作業を行い、バックアップテープは安全な場所に保管します。一方で、クラウド型電子カルテではクラウドが自動的にバックアップを行います。そのためバックアップ作業をする手間がかからず、バックアックテープの保管場所も必要ありません。

④ 災害時

大きな災害が起こったときでも医療機関での診療は必要なため、やはり電子カルテのデータにアクセスする必要があります。クラウド型の場合はインターネット環境さえあればデータにアクセスすることができますが、大地震などでインターネットに接続できなくなった時が問題になります。一方で、導入型電子カルテはサーバーあるいはバックアップテープが無事であればデータを守ることができます。しかし、この両方が破損してしまうとデータが完全に失われてしまいます。

⑤ 停電時

停電になると、導入型電子カルテではUPS(無停電電源装置)が作動します。しかしこれが作動する時間はほんの数分であり、この数分間の間にサーバーをシャットダウンしてサーバーの故障を防がなければいけません。クラウド型電子カルテの場合も、一時的にインターネットが使えなくなります。そのため、予備の回線を準備しておく必要があります。

⑥ セキュリティ

これまでに比較してきた項目を見ると、導入型電子カルテよりもクラウド型電子カルテのほうが優れているように思えます。しかしクラウド型電子カルテにはセキュリティ面に不安を抱えており、これが理由で導入型電子カルテを採用している医療機関も多くあります。

クラウド型電子カルテは、前述したように院外にデータを保存します。しかし医療機関では患者さんの個人情報を取り扱うため、万が一漏洩してしまうと大変なことになります。セキュリティ対策が十分でない状態では、導入を見送らざるを得ないのもうなずけます。

クラウド型電子カルテを導入するならセキュリティの確認を

導入型電子カルテとクラウド型電子カルテを比較すると、クラウド型のほうがメリットが多いように思えます。しかし、医療機関では特にセキュリティの問題は無視できません。クラウド型電子カルテを導入するときには、セキュリティ対策について入念に確認するようにしてください。

 
 
ページの先頭へ ▲