必読!歯科用電子カルテの手引き

HOME » 【歯科医院向け】電子カルテの基本知識

【歯科医院向け】電子カルテの基本知識

厚生労働省が後押ししていることもあり、今後はさまざまな医科・歯科などで電子カルテが常設化していくと考えられます。

そこでこのカテゴリでは、これから導入を開始するという歯科医院に向けて、電子カルテにかんする基本的な知識を含めた情報をご紹介していきましょう。

その種類

一般的に歯科医院などで使用できる電子カルテには、大きく2つの種類があるといわれています。こちらのページでは、2つのタイプについてそれぞれ解説していきます。

  • 一体型
    歯科医院をはじめ、広く一般的に使用されているレセコンとの一体型電子カルテです。
    入力操作が簡単で、医療に携わるスタッフの医事的知識が少なくても操作ができることで知られています。
  • 連動型
    電子カルテとレセコンがそれぞれ独立しているタイプ。
    コストを削減できるうえに、使用するソフトを自由に使うことができる電子カルテシステムです。

電子カルテの種類について詳しくみる>>

導入するメリット

歯科電子カルテシステムを導入するにあたってのさまざまなメリットを紹介しています。

まず第一に、紙カルテとちがって大幅にコストを削減することができる、同時にスタッフにかかる負担も軽減することができます。

そのほかに、さまざまなメリットがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

導入するメリットを詳しくみる>>

おおまかな価格目安

効率化や経費削減のできる電子カルテですが、それでは導入にあたりどの程度の費用が必要なのでしょうか?こちらのページでは、歯科電子カルテシステムの導入に必要な平均価格についてくわしく解説しています。

おおまかな価格目安を詳しくみる>>

導入の流れ

電子カルテシステムを導入するときには、どのようなタイミングで行うか、また更新に最適な時期についても紹介しています。合わせて導入の流れについても詳細に掲載しています。

知っておきたい問題点

導入に際しては、どのような問題点が考えられるのでしょうか?実際に電子カルテを導入してあがっている医師からの不満点などを例示として、くわしく解説していきます。

知っておきたい問題点を詳しくみる>>

【番外】厚生労働省が電子カルテを普及させたい理由

厚生労働省は、情報テクノロジーを活かした医療を実現するために、電子カルテの普及を後押ししています。その背景にあるもの、そして電子カルテを導入することで得られるメリットなどについてまとめました。

電子カルテを普及させたい理由を詳しくみる>>

 
 
ページの先頭へ ▲