必読!歯科用電子カルテの手引き

HOME » 歯科用電子カルテの選び方 » サポート力

サポート力

導入に際して多くのメリットがある電子カルテですが、長く使いつづけるためには、メーカー側からのサポート力も必要不可欠です。

そこで、サポート体制にかんして知っておきたいポイントを紹介していきます。

電子カルテメーカーのサポート体制について

電子カルテでは、おもにメーカー側とやりとりを行いながらさまざまなサポートを受けることになります。

そのための対応方法として用いられるのが電話やメールなどで対応してもらう「第1次サポート」とよばれるもの。これは、システムをの運用時に多く用いられる場合がほとんどで、対応スピードや丁寧さが求められるものです。

そして、遠隔で行うリモートメンテナンスや実際にメーカースタッフが直接足を運んでサポートしてくれる「駆けつけサポート」。

診療報酬改定時にかんするシステムの改善や、第1次サポートでは対応しきれないトラブルの際には、駆けつけサポートを利用することになります。

そしてもうひとつ重要とされているサポートが定期的にシステムをチェックしてくれる「定期サポート」。定期的にシステムを専門家がチェックすることで、トラブルを起きにくくし、快適な病院運用を行うことができます。

それでは、あるメーカーが実際に行っているサポートやセキュリティ管理の詳細をご紹介しておきましょう。

ポイント1 システム導入時の提案

電子カルテシステムを導入するにあたって、その蓄積されたノウハウをもとに、その医院に適したさまざまな提案を行ってくれます。

例えば、診療科目や規模・用途・目的、将来どのような医院を目指しているのか、といった要望に合わせたシステム設計を導入の時点で提案してくれます。

ポイント2 システム導入にかんする事前教育

メーカー側が直接、電子カルテシステムの使用者に対して、丁寧に使いかたを教育してくれます。

初回レセプト時の出力に際しても立ち会ってくれ、正しい出力方法や修正方法などにかんする指導も行ってくれます。

ポイント3 法令改定などに合わせたバージョンアップ

厚生労働省より診療報酬改定、薬価改定などが合った場合には、システムの変更作業を行います。

そのために必要なCD-ROMなどを提供したり、さらなる機能改善を目指したバージョンアップサポートを行います。

以上のほかにも、メーカーごとにさまざまなサポート体制を行ってくれます。

電子カルテの導入の際には、これらのサポートをしっかりと行ってくれるメーカーを選ぶようにするといいでしょう。

 
 
ページの先頭へ ▲