必読!歯科用電子カルテの手引き

HOME » 歯科用電子カルテの選び方 » 料金体系

料金体系

歯科医院をはじめとした電子カルテをリース契約、または購入する場合の料金体系について紹介していきます。

リースと購入はどちらがいい?歯科用電子カルテの選び方

電子カルテの導入に際して気になるのが、購入したほうがいいのか、それともリース契約を結び、毎月決まった金額を支払うほうがよいのかということです。

これはなかなか難しい問題で、手持ちの予算や経営にあたっての方針などによってケースバイケース、ということしか言えません。

以下に、購入とリース契約、それぞれの違いについてまとめてみましたので、少しでも参考にしていただけたら幸いです。

購入の場合

予算が豊富にあれば、現金での一括購入という選択肢もあります。

ローンやリース契約に付随する利息を支払わずに済むほか、話し合いによって値下げを打診できたりするケースもあるようです。

一方、予算に余裕がない場合は、金融機関からの借り入れを行うことになります。この場合、諸手続きの手間に加え、利息という負担も上乗せされます。

ただ、不動産投資と同じで、ローンで浮かせた資金をほかの部分に回し、現金で一括購入する以上のリターンを得る、ということも考えられます。

医療機器は資産の1つという考え方もできますので、どういう形で管理・運用していくかは慎重に検討すると良いでしょう。

リース契約の場合

効率的な管理・運用、という意味では、リース契約も特徴的です。

月々一定額を支払って必要機器をレンタルする形になるのですが、この月額の中には、固定資産税などが含まれており、購入した設備に付きまとう諸費用が不要です。

デメリットとして、一定期間を過ぎなければ解約ができないことが挙げられます。

しかしリース会社側も、機能面や耐久性の面で使用に耐えうるであろう妥当な機関を設定しているため、期間途中でリースを解約、というケースはあまりないようです。

また、1度リース契約を満了すると、再契約のさいに優遇してもらえる会社もあります。

このように、購入とリース、それぞれにメリット・デメリットがあります。将来的にも少なくない費用の絡む選択となりますので、しっかり検討した上で選択すると良いでしょう。

 
 
ページの先頭へ ▲